ラグドール まろちゃんショコちゃん
肥大型心筋症と診断された「まろちゃん」が長生きできるよう日々楽しく生活する飼い主と猫ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バレンタインハートの心臓
まろちゃんの病名は「肥大型心筋症」そして「バレンタインハート」と呼ばれる特徴的な心臓の形。両心房筋が拡大して左心室が狭くなる為に、左心室の上にある左心房に血液が溜まって大きくなりレントゲンではハート型に白く写る。こんな難病に可愛く「バレンタイン」なんてついているのは、きっと特別な猫だけに贈られる神様からプレゼントだから。

「にゃーちゃん」が亡くなって悲しみから立ち直るために私たちはそのハートの心臓を持つまろちゃんと出逢いました。

この子と幸せに、短い生涯かもしれないけど、きっと幸せに暮らせてあげることが出来るはずだという運命の出会いだったと思おう。この病気の子を持つ飼い主さんは、みんなその運命なのかもしれない。だから私たちはその運命とまろちゃんを全て受け入れ、出来るだけ悲しい顔は向けない。私たちが笑顔をむけ、幸せに暮らすことが、まろちゃんとそしてショコちゃんの幸せだと思おう。

070214.jpg

病院に行ってきました。
まろちゃん、今日は病院初体験のショコちゃんと一緒だったので落ち着いていました。ちょっといじけてたけど(笑)体温は39度で正常。体重6.8㌔。心音もいつもどおりでした。心臓の厚さを以前11月に検査した時に聞かなかったので、尋ねました。
先生「内側が拡張時で12.7㍉、収縮時で11.7㍉、外側が拡張時で8.7㍉、収縮時で14.2㍉です。」
ぱん「それは、厚いほうなんですか?」
先生「そうですね・・・かなり。。厳しいほうです。」

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が急激に厚くなり、血液をためる事が出来なくなります。そのため、体が必要とする血液量が心臓から送られなくなり、全身の働きが低下して色々な症状が現れてきます。主に肺水腫による呼吸困難や咳、正常にポンプが働かない心臓のせいで血液の濃度が上がり血栓が出来やすくなるそうです。薬によって血液の凝固を防ぐしかありません。もし完全に治すとしたら心臓移植しかありません。もちろん、猫には心臓移植の道はありません。

ラグドールは人間が好んで作らせた種類の猫です。
大型でおとなしく毛並みが良く、そして我慢強く穏やかで人懐こい。
でもこの病気を抱えるラグドールが増えてきているようです。
幼い頃の発症は、殆どが遺伝だそうです。
血統ってなんなんでしょうね。
私はまろちゃんとショコちゃんが元気でずっと側に居てくれるだけで良かったのに。
血統書なんて、いらなかったのにな。

さて家では暴れん坊のショコちゃん、おとなしく診察を受けました。おしりの穴の体温計は目を丸くしていたけど一言も発せず(笑)えらいぞ。まろちゃんを追いかけるので、来週去勢することになりました。なんだかゴメンネだけど、まろと兄弟のショコの子孫は残すわけには行かないんだからね。

そして同じ日にまろも去勢することにしました。体の負担を考えたらどうかと思ったのですが、発情し、走り回ることで心臓に負担を掛けたくないのです。この心臓で全身麻酔、大丈夫なのでしょうか?と先生に聞いたところ、「薬を数種類2日前から止めて、大丈夫です。院長にも相談した結果です。」そしてその日に2回目のレントゲンとエコー検査も行います。心配もしすぎは不安になるだけ。まろちゃんなら大丈夫、だよね。

↓まろちゃんガンバレ!
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ





ぱんちゃんにだけ、コメントの表示を許可


ぱん
v-22らくママさんへ
応援してくださりありがとうございます!
大きな病気ですが、私たちが出来ることを精一杯していきます。ラグドールはカヨワイかも知れませんが、飼い主はきっと最強です(笑)気軽にコメントしてくださいね^^
らくちゃんも去勢手術、頑張って下さい。ωを3㍉位切って何かを取り出すそうですよ~(。-_-。)


v-22じゃかぶきママさんへ
そうなんです。人形以上にカワユイvです。特にうちの子は写真では表せない可愛さがありまして・・・って親バカぶり、真似してみました(笑)そんな風にいつまでもたくさん楽しく暮らしたいですね^^活発な子は投薬や検査が大変だそうですね。うちは見た目どおりでおっとり子で良かった。。



v-22momotinaさんへ
その通りですね。私たちの場合は病気が判った時点でペットショップへ行き、血統書に記されている「ブリーダーの倉田さん」という人に止めてもらうようお願いしました。本当は直接伝えるべきなのでしょうが、その時は余裕がありませんでした。。。
去勢手術の全身麻酔については、院長が大学獣医科の教授で、カンファレンスの結果OKが出たようです。先生方をとても信頼していますが、やはりそれはそれは心配です。正直、迷っている所です。ただ、発情により興奮して走り回ることや、大声で鳴いたりすることのほうが、先を考えると心臓に負担になってしまうようなのです。(先が長いはずだと信じているのです。)
コメントありがとうございます! | URL | 2007/02/16/Fri 17:58 [EDIT]
こんにちは。 検診お疲れ様でした。
>血統ってなんなんででしょうね・・・
本当にその通りで、私もずっと元気に一緒にいたかっただけで、血統書なんて要らないと思いました。
でもね、血統書があったらブリード先やどうやってブリードされてきたかわかるし、連絡してブリードを止めてもらうようお願いすることもできるんですよね。
うちのTINAもショップ側から送られてきた血統書があります。でも連絡先までは教えてもらえず、血統名でブリード先をPCで検索しても出てこずで、直接伝える事が出来ずにいます。
もしブリード先がわかって連絡が出来るのであれば、是非これ以上繁殖しない様 伝えて欲しいです。
まろちゃん、去勢手術するんですね。TINAも8ヶ月の頃避妊手術しましたが、その頃は発症していなかったので・・・。先生も 今考えたら本当に怖いことをしたとおっしゃってました。 不安にさせてしまったらごめんなさいね。でも全身麻酔・・・心配です。
momotina | URL | 2007/02/16/Fri 14:38 [EDIT]
肥大型心筋症ですか・・・・
ラグドールに増えている・・・?確かラグドールって種名
人形の様に可愛いって由来でしたよね?
人間が玩具の様に生き物を作ろうなんて
ツケがくる気がします。。。

この世に受けた猫生。たくさん楽しく暮らして欲しいです
ウチも謎の嘔吐猫を抱えてますけどね(ジャーの方です)
おそらくストレス性の嘔吐だろうと・・・
だから、変化の無い環境を作ってます(変化があると吐くんで)
投薬・検査の時期は大変でした~~・・・
じゃかぶきママ | URL | 2007/02/15/Thu 23:11 [EDIT]
こんばんわ!
まろちゃんもぱんさんも大変ですね・・頑張ってますよね(えらそうに聞こえたらごめんなさい・・応援の意味です!)
まろちゃんの病気のことを気安くコメントなんてできないですが、きっとぱんさんが選ばれてまろちゃん、しょこちゃんと家族になったんだと思います。

ラグドールは確かに人間によって作られた猫なんですよね。
どこかでそのひずみが出てきているのでしょうか・・・。


らくも血便、風邪など、病院通いが続いています。
そして今月末には去勢の予定です。
まろちゃんの去勢手術、問題ないよう祈ってます。
らくママ | URL | 2007/02/15/Thu 20:00 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ラグドール まろちゃんショコちゃん. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。