ラグドール まろちゃんショコちゃん
肥大型心筋症と診断された「まろちゃん」が長生きできるよう日々楽しく生活する飼い主と猫ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長い間ありがとうございました。
ご無沙汰していたブログの更新が、
このような報告になってしまうことをお許し下さい。


6月24日夕方6時頃、
まろちゃんが急死しました。

5歳と3ヶ月でした。


いつかいつかこんな日が来るであろうと
覚悟をして始めたブログです。
だけど本当に突然に一瞬で
まろの命が消えてしまったという現実が
全くもって受け入れられません。

いつもと変わらない一日を過ごして、
いつものように晩ご飯の準備をしようとした私の後に
ついてきて、ダイニングのいつもの椅子に座って
私の様子を眺めようとしたいつものまろちゃんが
突然倒れ、なんの前ぶれもなく、
さよならも言う暇もないほどあっという間に
息を引き取りました。
すぐに人工呼吸と心臓マッサージをしましたが
震える私とその姿を呆然と見るショコちゃんのもとに
戻ってくることはありませんでした。
ただただ、なんで!なんで!!と、まろの名前を叫びながら
抱きかかえることしかできませんでした。

まろの心臓は声を上げる間もなく止まったようでした。




仕事で家から車で15分ほどの距離にいたぱぱちんが
慌てて帰って来た時には、
まだまろはやわらかくて温かくて
すぐにでも目を開けそうなほどの
可愛らしいぬいぐるみのような姿でした。
私はわんわん泣きました。

どんなに愛して大切にしていても
ささいなことが全て後悔になります。


最後の夜はみんなでまろちゃんの側に寝ました。


ショコちゃんはだんだんとまろちゃんを探す回数が増えました。
目覚めないまろちゃんを覗いては
怯えるように後ずさりをし、
いつものようにまろちゃんが
ショコちゃんの側にきてくれるのではないかと
色々な方向に聞き耳を立てているようです。

呼んでも探しても現れないまろちゃんを
あきらめきれない様子で些細な物音でも聞き逃すまいと
昨夜からぐっすり眠ることもありません。

私たちよりもずっと前から産まれたときから一緒だったまろちゃんが
もういないというのは甘えん坊のショコちゃんにとって
とても悲しく寂しいことは間違いありません。

そして今は私の側から離れようとしません。
少しでも姿が見えなくなると小さくなきます。
時々ふいにまろちゃんとつぶやくのも
その言葉でショコちゃんが探してしまうのでやめました。



まろは、本当に可愛くて賢くて運動神経も毛並みも良く
愛想も良くて弟(ショコちゃん)思いで誰からも可愛いと誉められる自慢の家族でした。
私はまろちゃんが大好きでした。


今、こうしてブログを書きながら
まろちゃんを沢山思い出すことが
辛くてたまりません。

もうあの真っ白なおなかをブラッシングできないとか
可愛いおでこにごっちんできないとか
ピンクの鼻をむにむにしたり
長いしっぽをいつまでも触っていたり
寝ているお手てを握ったり
手にフィットする頭をなでたり
昨日までその瞬間まで当たり前にできたことが
もう
できません。



今日の夕方、土葬にしました。
まろちゃんが大好きだったあの庭に
キレイな姿のまま自然に帰ってもらいたいと決めました。

本当に安らかな顔をしています。
眠っているときよりも、もっと優しい穏やかな顔です。

みなさま、
今まで本当にありがとうございました。
お一人お一人に、お伝え出来なく、
このような形になりすみません。

まろちゃんには沢山の応援やお気遣いをありがとうございました。
私たちには沢山の励ましや楽しい思い出をありがとうございました。

本当にまろのこと、ありがとうございました。



今はまだ気持ちの整理がつきませんが
ショコちゃんとぱぱちんと
私とそして楽しく報告するつもりだった
この秋産まれるおなかの赤ちゃんと共に、
日々乗り越えて行く努力をしていくべきだと思っています。

230625-1.jpg

230625.jpg


maromitumeru.jpg

marogohan.jpg

maroohanashi.jpg

marozyanpu.jpg

marooniwa.jpg

maroonaka.jpg

maromarukao.jpg

marotoshoko.jpg



maropo-zu.jpg


私たちは、まろちゃんはきっと幸せだったと思っています。
スポンサーサイト




Copyright © ラグドール まろちゃんショコちゃん. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。